私は現在42歳で会社を経営しています。今では8期目。それなりに良い時もありましたが、今では資金繰りに追われる毎日。何とかしてこの苦痛から脱却する為に、日々売上アップを考え、それと同時に資金調達を考えている毎日を過ごしています。

事業の内容としては、ホームページ製作事業を中心に、いろいろなソフトの開発などをしています。会社の規模としては年間売り上げがおおよそ1億円ほど。社員は3人で経営をしている零細企業です。

一時期、こういう業界もかなり粗利が取れたので利益としても結構出ていました。ほとんどが工賃仕事という事で、私が営業として仕事を取り、社員がホームページ製作、ソフト開発などを手がけている感じでしたので、それなりの給料などを支払っても会社にお金が残る状態でした。

しかし最近では、激安店のようなライバル業者がたくさん現れた為に、ホームページ製作でも薄利で行うしかなくなってきましたね。

これが原因で、忙しいだけで利益が残せない。売上も半分ぐらいまで減少をしてきてしまいました。その結果、資金繰りがかなり厳しくなってきてしまい、どうにか新しい売上を作らないといけない状況が続いています。

ただ新しい売上を作るにしても先立つ資金が必要で、このままでは社員達への給料の支払いすら危うい状態まで来ています。

私は元々営業出身ですので仕事を取ってくる自信はあるのですが、営業費もバカにならず今のうちに何とかして資金を調達しないといけないと考えています。

ただ2年ほど前から税金も分割払いにしてもらっている状態ですので、銀行や国金からの融資を受ける事も出来ません。さてどうしたものか。42歳の会社社長が奮闘する経営術をお伝えしていきたいと思います。

まずは資金調達から!お金を用意さえ出来れば、営業も思う存分かけられるし、新しい仕事も取ってこれる。これが今の私の考えです。そこで友人から教えてもらった資金調達の方法として「ファクタリング」という方法があるそうです。この方法なら税金の滞納や私自身の個人的な信用がない状況でも資金を調達出来るとか。ファクタリングは売掛金さえあれば、その売掛金を売ることで資金を調達出来るとの事でした。そんな簡単な物なのか?という不安はありますが、現状の私を考えるとファクタリングで何とか資金を作るしかないのかな、と。では42歳会社経営者の奮闘記を最後までご覧ください。

○私がファクタリングについて調べたファクタリング情報はこちらです。ファクタリング契約.com